1. ホーム
  2. 製品サービス
  3. iPhone / iPad / Androidアプリケーション検証

 技術開発・研究
 メディア・サービスの企画・開発

 アプリケーション受託開発
・ 携帯電話アプリ開発
・ iPhone / Android向けアプリ開発
・ ソーシャルアプリ開発

 アプリケーション検証
・ 携帯電話アプリ検証
  →アプリ第三者検証サービス詳細
・ iPhone / iPad / Androidアプリ検証
  →スマフォ アプリ検証サービス詳細
・ ソーシャルアプリ検証
・ モバイルウェブサービス検証

 コンサルティング

iPhone Androidアプリケーション第三者検証サービス

スマートフォンの登場で、モバイル・アプリケーションの数は飛躍的に増大しました。
数十万のアプリケーションの中からお気に入りを選択してダウンロード。
しかし、すぐに止まってしまいました・・・有料アプリなのに。あなたはレビューに
何を書きますか?
開発の自由度が上がり、短期間でアイデアあふれるアプリが開発できる一方で、
スマートフォン向けのアプリの品質は、私たちTMLの目から見ると非常に危ういものに
見えてきます。

膨大な数の中から選ばれるアプリケーション。仮にスポンサーやキャンペーンなど
自社以外の ブランドを付けたものの品質保証に特別な配慮は必要ないですか?
B2C/B2B2Cアプリケーションの品質保証(iPhoneアプリ(iOS5/6) / iPadアプリ /Andoroidアプリ (OS2/3.x/4.x) / Blackberryアプリ(RIM-Java) / WindowsMobileアプリ)

スマートフォンアプリ向け第三者検証サービスとは? 携帯電話アプリのテストとは「考え方」が違います!
日本のキャリアの厳しい品質基準に鍛えられた国産のいわゆる「ガラケー」と、
オープン技術をベースに作られたスマートフォンでは、ハード/ソフトの品質の
考え方に違いがあります。
また、公式キャリアサイトで優先的に課金されるケータイアプリと、オープンな
アプリストアで厳しい選別の目にさらされるスマートフォンアプリでは、コスト
に関する考え方もまた違います。
これらがテストに与える影響を考えないと、大きな間違いを生むとTMLは考えます。

短期間・効果的。より経験が求められるテスト計画
たとえばスマートフォン用のゲームアプリなら、コンシューマゲームと同じように
テストラインに依頼し社内規定のテストプレイ期間を経てリリースされるといった
手厚いテスト計画が必要なものもあるでしょう。
しかし、コンシューマと同じ手法、コスト、期間でスマートフォンのアプリをテスト
して良いのでしょうか?
また、逆に、開発したプログラマが個人的にテストを行っただけで、もうOKと
ばかりにリリースしてしまう・・
そんなアプリもたくさんあるようです。
何をテストすれば、どんな優先順位でテストすれば最適なのか・・
必要なのは経験と見識です。 TMLにはそれがあります。

アプリ開発ベンダーだからわかるテストの急所とは?
TMLのテストエンジニアは、同時にアプリ開発にも参加しています。また、テスト
計画の作成にはプログラマーも参加して行います。iOSや、Androidの構造、
そしてハードの脆弱性などあらゆる側面からテスト計画を最適化し、最短日程と
項目で適切な品質を実現するのです。
詳細リンク